販売管理システム 商福 導入事例

商福は、販売管理の、問題点を改善します。

商福は、パソコンを使用しての販売管理が自由自在!事務作業向上!拡張性があり、いままでパソコンソフトには管理できなかった部分に対応し、御社の問題点を改善します。

手書き→商福EX.1
看板製造業D社:社長が売上業務まですべて行い、さらに売上UP!!

D社は、看板などを製作している会社だが、事務は雇わず社長がすべての売上管理までを行っていた。事務員を新たに雇うほどの伝票量はないが、締めの時期などはかなり忙しくなっていた。
そんな時に商福を見て社長は「これなら使える」と確信したという。日々伝票を入力しておけば、請求書が出てくるだけではなく、様々な分析帳票や、お客毎の前回単価を覚えているなど、ただ楽になっただけではなく、売上拡大にも大きく貢献しているという。

オフコン→商福EX.2
ミシン卸業W社:2台繋げて使用など、拡張性のよさが決め手!!

W社はもともとオフコンを使用しており、当時かなりの金額を投じて、W社に合った販売管理システムを導入していた。年数も経った為、新しい機器に入替えたいと思っていたが、なかなかW社に合うシステムがなく困っている所に、商福のデモを見た。
全てが商福で対応出来た訳ではなかったが、そこは販売メーカである当社がカスタマイズして収める事になった。
現在2台の商福を繋げて使用しているが、将来的には3台、4台と増やしていく計画である。「拡張性豊富なのが魅力」と語る社長は、すでに次の拡張も見据えている。

専用機→商福EX.3
自動車板金業 H社:専用機からの変更で、大幅にコストダウン!!

H社は、元々伝票発行の専用機を使用していたが、リース終了が迫っており、専用機の業者から新しい機種の提案を受けていた。値段は高いが使いさすさの面から、またお願いしようと思っていた中、商福のデモを見た。
手書き入力やきめ細かな設定など、専用機にも劣らない機能と使いやすさに、社長は驚いたという。現在商福のPCは、ワープロや表計算ソフトなどマルチPCとして活躍しており、専用機以上に活躍している。

UP