事務処理専用機 楽一 特徴

事務の流れをそのままに、簡単操作を追求

楽一の基幹業務アプリケーションは、現状の事務に合わせて稼動できるのが特長です。例えば伝票類。楽一では自社伝票の他、得意先指定の伝票など、お使いの用紙をそのまま使うことができます。 消費税の丸めや請求締の方法などもきめ細かく設定することが可能です。
さらに、取引を長期間保存・検索できる電子ファイリング機能、伝票上に図形や絵を描くことができるデジタルインク機能など機能面も充実しています。
高機能で柔軟性抜群、楽一のこだわりです。

伝票をそのまま表示・印刷

楽一業務アプリケーションの最大の特長は、「いつもの伝票がそのまま画面に表示」され、「いつもの用紙に直接印字」できること。いつもの伝票ですから、違和感なく作業を進めることができます。
伝票作成の操作も簡単。得意先や商品は略号画面から選択するだけ。商品の単価も得意先ごとに覚え自動表示されます。また専用ペンを使って、画面に文字を手書して活字に変換したり、図形や絵を描いて保存したりできます。慣れるほど、使うほどに、その簡単さを実感できます。

楽一だけの手書きキーボード

コンピュータに不慣れな方にとってキーボード操作は難関です。キーの位置が覚えられれば上達も早いですが、キーの数は100以上。そこでカシオは手書できるキーボードを作りました。 8.1インチのバックライト付大型液晶画面にスラスラッと手書すれば、即座に漢字に変換して文字入力ができます。WordやExcelの入力も手書することができます。
もちろんJIS配列のキーボードもご用意しています。
また、上部にある「光る楽ちんボタン」はいつも行う業務が登録されており、押すだけですぐに業務を開始できます。

豊富なソフトでシステム連携をサポート

売上、仕入、在庫、会計、給与管理などをシステムで連携させる事ができます。その他お客様のご要望に応じ、各種ソフトをご用意しています。

電子ファイリング機能で便利に素早く

印字した見積書などの帳票や管理表などは電子ファイルとして保存できます。過去に発行した見積書などを検索、照会する際にとても便利です。

Excelデータを入力・出力

得意先、商品、取引情報など楽一で作成したデータをExcelデータに変換できます。パソコンへ出力して自由に利用でき、スムーズなデータ連携をサポートします。

UP